おすすめリポジトリ IUSの追加

NO IMAGE

ディストリビューション : CentOS7

アプリケーション : yum

昔はコンパイルしてインストールするのが普通でしたが、最近はパッケージ管理に頼りっぱなしです。その中でCentOSにおすすめなリポジトリは、IUSリポジトリです、EPELも必須。

リポジトリとは、データの貯蔵庫であり、システムの追加・更新をするためには欠かせない存在ではありますが、誤って知られていないリポジトリで追加・更新等を行うと、とんでもない事が発生しますのでご注意ください。(システム起動不能、不正プログラム混入等)

yum-utilsのインストール(インストールされてなければ

yum install yum-utils

インストール レポジトリ

yum install -y epel-release https://rhel7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

リポジトリを無効(IUS)

yum-config-manager --disable ius

リポジトリを無効(EPEL)

yum-config-manager --disable epel

コマンドベース リポジトリの無効

yum --disablerepo=extras,updates

コマンドベース リポジトリの有効

yum --enablerepo=ius,epel

よく使う組み合わせ(依存関係の問題が発生する場合は、baseを削除すれば大抵は問題解決する)

yum --disablerepo=base,extras,updates --enablerepo=ius,epel install *****

キャッシュ確認

du -sh /var/cache/yum

キャッシュクリア

yum clean all

インストール先確認

rpm -ql httpd

 

Linuxカテゴリの最新記事