電子証明書 S/MIMEが何故普及しないのか、そろそろ騙されるのを止めませんか?

NO IMAGE

日本では当たり前のように無意味な「セキュリティ対策したつもりのパスワード付きZIPファイル」が前から流行っています。何故日本は間違った方向ばかり進むのでしょうか?あまりにも滑稽であり、時として日本人である自身が恥ずかしく思えます。

昔から存在するS/MIMEが何故普及しないのか?ハッキリしていることは、特定の企業が牛耳り、オープンソースで稼働させる事は可能にもかかわらず言葉巧みにそのようなサービスを危険と印象づけ力でねじ伏せ排除し、あまりに目に余る価格設定で暴利を貪る行為を行っている、それが一番の問題でありセキュリティ強化を広く普及させることを阻害している。

例えばSSL証明書も同じ事が言えるのだが、広く普及させる目的はセキュリティを強化しようとしているのか?それとも利益を増やそうとしているのか?謎ではあるが大手の価格設定を見る限り、利益を求める目的が非常に大きい。

だがS/MIMEの価格設定はそれ以上で笑えるほどである。これでは広く普及するはずがない、価格設定が1ユーザ年間5万円以上とあまりにも馬鹿げた価格設定である。このままでは間違った方向に進んでしまう

貪る大手企業に抵抗するのであれば、絶対契約はしない。他のサービスは安いから安全ではないという騙し文句の言葉に踊らされないことが非常に大事です。価格が高いネームバリューサービスもしくは、有名なブランド・企業名だけが正義ではない、ぜひ自身のコンピュータに関するリテラシーを強化し騙されないようにしてください。

未分類カテゴリの最新記事